アナウンサー 脅迫

フリーアナウンサー脅迫

フリーアナウンサーの女性を脅迫したとして、朝日新聞の配達員が警視庁に逮捕される事件が起こりました。
テレビなどで活躍する人は、人気とは裏腹に逆恨みや批判を浴びることもよくあります。
外に出れば監視されているような生活を送っているかもしれません。
盗撮や盗聴などの心配は常に警戒するべきでしょう。

 

新聞配達員 脅迫事件

アナウンサー脅迫事件で逮捕されたのは、さいたま市に住む朝日新聞配達員の36歳の男でした。
この容疑者は去年秋、日本テレビのホームページ上に、朝の報道情報番組に出演しているフリーアナウンサー、加藤多佳子さんを名指しして、
「週末に殺しにいく」
「汚い足を隠せないみたいだから死んでもらう」
などとスマートフォンから書き込みをして、脅迫した疑いが持たれています。

この容疑者は、「ふしだらな服装が気に入らなかった」と容疑を認めているそうです。

 

脅迫 恐喝 知名度

テレビなどで活躍するいわば有名人、人気の裏では快く思わないものの批判を買うこともよくあります。
また、こういったメディアだけではありません。
コンビニやカフェなどで働く店員に対して恋心を抱き、その思いが報われないことからストーカー行為へと発展していくこともあります。

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定調査のご依頼はアイ総合コンサルタントへ。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。