見落としがちな電磁波被害と体の異常

電磁波による体の異常 電磁波調査はお任せください。

電磁波による被害のご相談は、アイ総合コンサルタントにお任せください。
耳鳴りや、頭痛、めまいなどだけではなく、直接脳に刺激を受ける感覚に悩まされる被害もあります。
電磁波は、あらゆるところで少なからず出ている物ですが体に影響を受けるぐらいになってしまうと問題です。

 

電磁波って、どんなもの? 思った以上に身近に存在します!

一時は日本でも騒がれていた電磁波ですが、ニュースなどの報道では最近見かけなくなったように思います。
電磁波は電気と磁気の両方の性質を持ち波のように伝わるため電磁波と呼ばれています。
電気の影響が伝わる範囲を「電場」と呼び、磁気の影響が伝わる範囲を「磁場」と表現します。この電場と磁場がお互いに影響しあって、電磁波の「波」が出来るのです。

電磁波はよく周波数で表され、、さまざまな種類があります。

周波数の高いものとしては、
⒈電離放射線(X線やガンマ線)、
⒉紫外線、
⒊可視光線(人間の目に見える光)、
⒋赤外線、
⒌電波(テレビ、ラジオ、パソコン、携帯電話から発生している電磁波)

また、電波にも周波数によっていくつかの種類があります。
電子レンジや携帯電話は「マイクロ波」と呼ばれる周波数の高い電波、
高圧送電線から発生している電波は「低周波」と呼ばれ、周波数の低い電波です。
エステサロンなどでは低周波を利用した美容機器が使われているところもあります。

 

電磁波でどんな影響が出るの?不安な方はアイ総合コンサルタントにお任せください!

近年、電磁波による健康被害が世界中で報告されており、深刻な問題になっています。
「電磁波過敏症」は、ある特定の周波数の電磁波に体が反応してしまい、めまいや吐き気、不眠症などの様々な不調が現れるのが特徴です。
日本でも化学物質過敏症と並ぶ現代病として影響を受けている人がいます。
しかしながら、見えるものではないため判断が難しく、本人の自覚症状によることがほとんどなので、医学的な検証が限られた範囲でしか行われていないというのが今の現状です。

※電磁波過敏症とは・・・
アメリカの医学者ウィリアム・レイ博士が、世界で初めて電磁波が原因と考えられる様々な症状に注目しました。総称して「電磁波過敏症」と名付けました。電化製品や携帯電話など生活に使う物から出る電磁波に反応し、一度症状が現れると他の人が感じないほどの微弱な電磁波でも過敏に反応するようになります。
初めに出る症状としては目や皮膚、神経など、頭や顔面周辺に症状が集中的に現れ、
ひどくなると呼吸困難や動悸、めまい、吐き気、不眠症、手足のしびれや麻痺、筋肉の痛みなどを訴える人もいます。

電磁波トラブルは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。目に見えない電磁波ですので非常に厄介です。電磁波でお困りの際は一度、電磁波測定調査を依頼してください。その決断が早期解決へと繋がります。現状を把握することで対応することが出来るのです。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

電磁波で攻撃されている被害の相談も寄せられています。解決はアイ総合コンサルタントにご依頼ください。