ドローンで監視される

監視行為 ドローン

ストーカー被害に遭っている方にとっても不安な監視行為。監視は、決して放置しておいてはいけません。何らかの目的があるからこそ、時間と費用をかけて監視を行うのです。何も理由なく行われるはずはありません。嫌がらせ目的であることもあります。元交際相手や、振った相手、近隣トラブルの相手方などからも監視行為が行われることがあります。情報収集を行い、目的を達成しようと企んでいるのかもしれないのです。

 

空から監視 茨城県が「ドローン」導入

茨城県では、多発する不法投棄対策を行うために今月からドローンを使うことになりました。
「ドローン」と呼ばれる小型の無人飛行機を導入し、これに搭載したカメラで上空からの監視を開始するのです。
先月の30日には、茨城県庁前広場で関係者によるデモンストレーションが行われました。

茨城導入したドローンの大きさは、全長35センチ、重さ約1・2キロで、操作地点から700メートル離れた場所まで最長25分間飛行可能だと言います。
カメラの映像はスマートフォンなどでリアルタイムで確認でき、塀に囲まれた場所も上空から監視することができるのです。

平成23年から25年度3年連続全国ワースト1位の茨城県廃棄物対策課は「監視態勢を強化し、迅速な対応に役立てていきたい」と話している。

 

盗聴 盗撮 監視行為 対策

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定調査のご依頼はアイ総合コンサルタントへ。
土日祝日の調査もご相談ください。
トラブルの解決もご依頼ください。
※無料相談はしていません。