盗聴盗撮とドローンの問題

盗聴盗撮とドローンの問題

盗聴や盗撮などの監視行為でお困りの方からのご相談が増えています。ドローンの規制もありますが、ドローンによる嫌がらせは情報の収集に使われることからプライバシーが漏れることになります。監視対策は必要です。盗聴トラブルの解決はお任せください。

 

官邸ドローン落下トラブル 被告に執行猶予付き有罪判決

昨年4月首相官邸の屋上に小型無人機ドローンが落下した事件がニュースを騒がせていました。
皆さんも記憶に新しいのではないでしょうか。
東京地裁は、官邸の業務を妨害したとして威力業務妨害罪などに問われた41歳の男に対し、懲役2年、執行猶予4年(求刑は懲役3年)と、ドローンなどを没収する判決を言い渡しました。

 

電磁波 盗聴 盗撮 ストーカー対策 思考盗聴

ドローンの性能に関しては、まだまだ開発の余地がかります。
これから伸びる産業であるという見方もあります。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査のご依頼は、盗聴トラブル解決110番へ。
土日祝日の調査もご相談ください。

トラブルの解決もご依頼ください。
※無料相談はしていません。

ストーカー、職場トラブルや宗教トラブルのご相談も増えています。