幻聴 盗聴

幻聴 盗聴

精神疾患で幻聴や幻覚などが起こることがあるようです。
これらの判断は、精神科医が行う診療ですが、
ここに問題があるのかもしれない、不安をあおぐニュースがありました。

 

川崎の大学病院 専門医指定不正取得 問題

川崎市の聖マリアンナ医科大学病院で精神科の専門医の不正取得が疑われています。
重い精神障害がある患者の強制的な入院が必要かどうかなどを判定する専門の医師の指定を少なくとも9人の医師が不正に取得していた疑いがあると言うのです。
この「精神保健指定医」という専門の資格で、指定医は、自分を傷つけたり他人に害を及ぼしたりするおそれがある重い精神障害がある患者に対して強制的な入院や行動の制限が必要かどうかなどを判定するものです。
厚生労働省は近く指定の取り消しなどを検討することにしています。

医師らは指定を受けるため自分が診察していない患者のレポートを提出していた疑いがあるということです。
指定を受けるには、法律で定められた一定の実務経験や患者を診察したレポートを提出し審査を受ける必要があります。
中には他の医師が診察した患者のレポートをコピーしたとみられる悪質なケースもあったということです。
になり、現在、調査委員会を設けて調査中です。今後、しかるべき対応を取りたい」とコメントしています。

精神科 医師のモラル

医師のモラルの問題もありますね。こんな医師に精神疾患の患者さんを扱えるのでしょうか。適当に扱われてしまいそうで怖いです。

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定調査のご依頼は盗聴トラブル解決110番へ。
土日祝日の調査もご相談ください。
トラブルの解決もご依頼ください。
※無料相談はしていません。