秘密保護!

秘密保護!できる?

盗聴や盗撮をはじめ、情報の漏洩は今や自分が知らない間に行われ、利用されているとう時代です。
情報を利用する側が優位に立つのは当然のことであり、
情報を持った者がトラブルにおいても勝ちやすいものなのです。

中にはマニアの存在もありますが、
対人関係、ライバル会社との競争、恨みや妬み、復讐と言った事からも
盗聴器や盗撮器は売れているのではないでしょうか?

 

秘密保護法!ここから情報が漏れる可能性!

安倍晋三首相は衆院予算委員会で、12月に施行する特定秘密保護法について語っています。
「二重三重の仕組みによって、恣意(しい)的な、不正な運用はできないということになっている」
政府による意図的な情報のいんぺいの恐れはないとの認識を強調していました。

政府にとって不都合な情報が特定秘密に指定され、国会に開示されない可能性があると言う声もあり、これに対し、
首相は同法に基づく特定秘密の指定や解除を行うための運用基準に関し、「一定のルールが作られ、首相である私等がしっかりとその中身も見ることができる。基本的には透明性、政治レベルにおける把握が進んでいくのは間違いない」と述べています。

 

情報は、つかんだもの勝ち!情報を抜かれないようにしたもの勝ち!

政府や世界各国の情報漏洩問題も一時ありましたが、
私たち一般人の間でも、情報の漏洩は大きな問題になっています。
情報は、つかんだもの勝ちなのです。
逆を言えば、情報を抜かれないようにしたもの勝ちとも言えるでしょう。
この意味が分かりますか?
トラブルの最中に置かれている方は、ひしひしと感じていることでしょう。

 


関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市