不審物 怪文書

怪文書 脅迫文

不審物質の入った封筒がホワイトハウス宛てに届き問題になっています。
検査の結果、不審物質は有害物質のシアン化合物であることが分かりました。
日本においても、嫌がらせで不審物や汚物が送付されたり、動物の死骸などを投げ込まるケースがあります。

 

不審物送付 目的は

シークレットサービスの広報によりますと、問題問題となっている封筒はホワイトハウスの郵便物管理施設に16日に届いたそうです。
最初に行った生物学検査の結果は陰性で、化学検査を行ったところシアン化合物が含まれている可能性があることが分かりました。確認のため別の施設にサンプルを送って調べたそうです。
現在この件について捜査が行われていることを理由に、シークレットサービスはそれ以上のコメントを避けています。
封筒を開封した郵便物管理施設の担当者が負傷したり、危険物にさらされたりした心配はないそうです。
封筒の中には乳状の不審な物質が容器に入れられ、ビニール袋に包まれた状態で入っていたといいます。

封筒の差出人名の男性は、1995年以降、何度もシークレットサービスとの間で問題を起こしていた人物であることも分かっています。過去には、汚物にまみれた小包を送り付けてきたこともあったのだとか。

 

怪文書 脅迫文 嫌がらせ

芸能人や有名人がこのような嫌がらせの標的にされることは珍しくはありません。しかし、そうでない場合は個人的な恨みや嫉妬心などからくる嫌がらせ行為であることも考えられます。何らかの事件の前触れであることもあり、危険を感じる事もあるでしょう。早期解決が貴方や家族を守ることにつながります。トラブルの解決は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定調査のご依頼はアイ総合コンサルタントへ。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。