飲酒に注意!迷惑行為

飲酒に注意!迷惑行為

年末年始は、飲酒の機会が増えることからトラブルも多発します。
酔った勢いで行われる嫌がらせは、たちが悪い迷惑行為です。
周りの注意も聞かずに行われる様々なトラブルの勃発は、後になって後悔することも多いと言います。
普段は大人しい人物も、アルコールによって気分が大きくなる傾向がある方は注意する必要があるでしょう。

 

酒酔いトラブル 道路トラブル

道路上に寝込んだ歩行者が車にひかれて亡くなる事故が増えています。
忘年会シーズンで飲酒の機会が増えることから、歩行者、ドライバーの双方に注意が必要です。

9月上旬に神奈川県川崎市幸区の国道409号で、60代の男性が普通乗用車にひかれて死亡する事故がありました。現場は片側2車線の見通しのよい直線道路でしたが、男性は酒に酔って歩道側の車線で眠っていたことが分かったということです。
10月末に横浜市鶴見区の市道でトラックにひかれて亡くなった40代の男性も、飲酒で道路上に寝込んでいたとみられています。

道路上に寝込んだ歩行者が車にひかれた事故は以外と多いのです。

歩行者に道路上で寝込まないように注意するとともに、ドライバーに「夜間に対向車がいない場合、ライトを上向きにして走行すれば、約100メートル先まで見通すことができる。路上のあらゆる危険を早期に発見してほしい」と呼びかけています。

 

飲酒トラブル トラブル解決

アルコールが原因でトラブルになることがあります。
飲酒の機会が増える年末年始は、トラブルがあらゆるところで起こります。
トラブルに巻き込まれない事も重要ですが、
自分からトラブルを起こさないことも重要です。