人工知能の行方

人工知能 盗聴 盗撮 電磁波測定

英語の教科書にも出てきたスティーブン・ホーキング博士が人工知能に警告を鳴らしているのだそうです。
「人類の終わりの可能性」を指摘しています。
人工知能と聞くとSF映画の中のような想像をしてしまいがちですが、
科学の進歩は確実に前に進んでいるようです。

 

人工知能の開発は人類の終わりか

スティーブン・ホーキング博士は、2日に放送されたインタビューで、人工知能技術は急速に発展して人類を追い越す可能性があると語りました。まるでSF映画で描かれたようなシナリオです。

「われわれがすでに手にしている原始的な人工知能は、極めて有用であることが明らかになっていいますが、完全な人工知能の開発は人類の終わりをもたらす可能性がある」と、ホーキング博士は語っています。

「ひとたび人類が人工知能を開発してしまえば、それは自ら発展し、加速度的に自らを再設計していくだろう」
「ゆっくりとした生物学的な進化により制限されている人類は、(人工知能と)競争することはできず、(人工知能に)取って代わられるだろう」とも話しています。

音声合成装置を使って発話するスティーブン・ホーキング博士は、科学者の中で最も才能ある一人と認知されています。その彼が未来に向かって発する言葉は衝撃的なものでした。

盗聴や盗撮なども容易に行われてしまう可能性がありますね。

 


 

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市