自殺の真相解明

自殺の真相解明 アイ総合コンサルタント

子供や大事な家族、交際相手が自殺した時、残された者はどうしますか。
自殺の理由を知り、復讐しようと考える事もあるはずです。
しかし、真相を知るどころか何もできない人たちもいるのです。
それは、本当に出来ないのでしょうか?
真相を追求し、何とかしようという強い意志をもって行動しない限り、出来ることではありません。
一人の死を持って、大きな問題が闇に葬られてほっとしている人がいる可能性もあります。

 

長崎 自殺 条件付報告 遺族から誓約書

いじめを受けていた長崎市立小6年の女児が昨年7月に自殺をはかり亡くなった問題がありました。
有識者で作る外部調査委は、「長崎市教委が公表するまで内容を第三者に一切公表しない」とする誓約書提出を条件に遺族に調査報告書案を開示したそうです。
遺族側は「報告書を見なければ内容に間違いがあっても指摘できず、やむを得ない」として応じたが、女児の母(41)は記者会見し「内容を公表できなければ報告書案に対する自分の考えを広く知ってもらうことができない」と不満を示しています。

自殺の直前にあった修学旅行の班決めで仲間外れになったことなどの2件をいじめと認定しましたが、自殺との因果関係は不明とし、また遺族は「虫を食べさせられた」など他にもいじめがあった可能性を指摘しています。

調査委は昨年10月に調査を開始し、遺族側からの要望を受けて報告書案を23日に開示しました。
遺族側によると、調査委と遺族側代理人の事前協議で「学校が特定される可能性がある」などの理由で遺族側が公表しないことを誓約することになったようです。

母は会見で「内容を公表し、報道してもらわないと私がどう思っているかを一般の人に知ってもらうことができないし、世間の後押しも得られない」と話したようです。

 

いじめの解決 自殺の真相を解明する

この問題の解決の仕方は、そもそもが人任せであるから起こる不満のように感じます。
自らが費用を出して調査していないので、中途半端に終わる可能性が非常に高いのです。
自らの主張を通したいのであれば、費用をかけて行うべきです。
証拠をとっても、活用の仕方は人それぞれです。
証拠を持った者に優位に使われれうのは当然のことだと思います。
証拠の収取は、アイ総合コンサルタントへご相談ください。

※無料相談はしていません。

 


 

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市