準強姦  性被害の真相は?

準強姦 性被害の真相

女性にとっても男性にとっても性的な被害は人生を大きく変えることになってしまいます。
起こった事件を公にしたくないことから、水面下での解決を望む人もいます。
被害時に撮影されて口封じされる、脅されるといった問題も起こっています。
アイ総合コンサルタントへご相談ください。※無料相談はしていません。

 

鹿児島の準強姦事件 性被害の真相は?

性犯罪で初めて強制起訴されているのはゴルフ練習場経営者の64歳の男性です
ゴルフの教え子の女性(当時18歳)への準強姦罪に問われた鹿児島市の男性に対する控訴審判決がでました。
罪とした1審・鹿児島地裁判決(求刑・懲役4年)を支持し、検察官役の指定弁護士の控訴を棄却したようです。
裁判長は「女性が精神的混乱から抵抗することが著しく困難だったことは明らかである。しかし、男性がそれを認識していたとまでは認められない」と判断しました。抵抗できないことに乗じて暴行する準強姦罪には当たらないとしたのです。

男性は2006年12月、ゴルフ指導を口実に高校生だった女性をホテルに連れ込み、抵抗困難な状態にして性的暴行を加えたとして、鹿児島県警に書類送検されました。鹿児島地検は不起訴処分としたが、鹿児島検察審査会が2度にわたり起訴相当と議決し、12年12月に強制起訴されたものです。

起訴内容は、恩師の男性の言動に衝撃を受け、女性が拒絶できなかったとしたが、男性は一貫して否認しています。1審判決は「女性に精神的混乱はあったものの、抵抗不能に陥るほどではなかった」としました。

 

性被害の真実 中にはでっち上げ事件も

痴漢やレイプなどの性的な被害は、慎重に考えなければなりません。
証拠として残されている物が少ないことから、真実が分かりにくいことがあり
でっち上げ事件や冤罪なども起こりうるのです。事件をでっち上げられて、金銭を搾取しようと企む者もいます。
わざと未成年を近づかせ、美人局を行っている者もいます。

防犯カメラの映像などがあれば、白黒はっきりすることもあります。
性犯罪の怖いところは、事実であるのか第三者が決めることになると言うことかもしれません。

公に解決したくないトラブルです。
トラブルの解決はアイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 


 

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市