従業員トラブルの解決

従業員トラブル

会社で起こるトラブルの防止のために防犯カメラを取り付ける経営者の方もいます。
店舗販売でのレジ周りや、パソコンOA危機の周辺、資材の管理など、
従業員の不正を防ぐ目的でカメラを取り付けることもあります。
また、内部告発などを目的として従業員が隠しカメラを仕掛けることもあります。
カメラに収められた映像は、証拠です。

 

電気機器メーカー元従業員 7億円着服

山形県の電気機器メーカー「かわでん」の元従業員が不正転売などで約7億円着服していたことが明らかになりました。

この元従業員は2007年11月から今年12月までで、電線などの資材を大量に発注して不正に転売を繰り返していたと言うのです。
発覚しているだけで着服金額が7億1000万円にも上るということです。
会社の購買担当者が今月、不自然な発注に気づき、調べたところ不正が発覚したそうです。

不正を働いた従業員は、おととし9月に依願退職しています。

会社の調べに対し、元従業員は「私的に流用した」と話しており、被害金額はさらに増える見込みです。
かわでんではこの元従業員を刑事告訴する方針です。

 

巨額横領 着服 従業員トラブル

企業の盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定調査のご依頼はアイ総合コンサルタントへどうぞ。
情報漏洩に関するご相談も多く寄せられています。
企業における情報の管理は、経営者にとって義務です。
多くの情報漏洩は、授業員によって外部に持ち出されています。
個人情報や会社の機密は転売先もあるため、金目当で情報を売る者の存在は否定できません。
外部に渡っても、被害が拡大して公になるまで発覚しないケースもあります。
危機管理が大切です。
個人の事務所や店舗での調査もご依頼いただけます。
土日祝日の調査もご相談ください。

※無料相談はしていません。

 


 

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市