監視カメラ

監視カメラ

STAP細胞の再実験を行う過程で、小保方 晴子氏は監視カメラのもとで再現実験を繰り返していました。
STAP細胞をめぐる外部の調査委員会が報告書をまとめています。
問題の細胞はES細胞によるもので小保方氏の論文を否定しました。
この問題は、死者も出ているものです。
真実は一つ。これを追求できる日が来るのでしょうか。

 

監視カメラ 監視トラブル

「ネイチャー」に掲載され、「世紀の発見」と評されたSTAP細胞の論文。
これまで第3者委員会が行ってきた調査の結果では、論文に示された細胞やマウスなどについては、万能細胞であるES細胞が混入していた可能性が高いとの結論が出されました。

「STAP細胞は存在する」と強く主張していた小保方氏は、9月から、監視カメラつきの部屋の中で再現実験を行っていたものの一度も作製できなかったといいます。

桂委員長は「『われわれは、ESの混入だという十分な証拠を持っています』
小保方さんの方から、『あなたが混入させたことがあるか?』と聞く前に、小保方さんから『わたしは、ESの混入をさせたことは絶対ありません』と否認されました」と話しました。

なぜES細胞が混入したのか明らかになっていませんが、
桂委員長は「これだけ何回もES細胞が混入したことは、培養器具の不注意な捜査による混入の可能性も考えられるが、研究者の常識としては、誰かが故意に混入した疑いをぬぐうことができない」という見解です。
最終的には直接の証拠がないため、誰が混入したのか特定できず、故意なのか、過失なのかもわからないと説明しています。

 

証拠収取 盗聴 盗撮

色々な場面で証拠収取にもつかわれるカメラですが、社内の不正を暴くためや
機密を持ち出すためにも仕掛けられていることがあります。
盗聴器発見調査や盗撮器発見、電磁波測定調査のご依頼はアイ総合コンサルタントへどうぞ。
背後にあるトラブルの解決もご依頼いただけます。

 


 

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市