ストーカー対策研究議会!

「ストーカー対策研究会議」発足

ストーカー規制法が施行されても、後を絶たないストーカー被害。
「ストーカー対策研究会議」発足したようです。
きっかけは、40代の元交際女性にストーカー行為をした疑いで、58歳の男が逮捕された事件。
被害女性をつけ回す犯行には、GPSが使われていたようです。

GPSとストーカー行為は深くつながっています。GPSを常に確認しないといられない依存症も起こっています。

 

いくつになってもストーカー被害は起こる!

元交際相手の40代の女性の車に、GPSを取り付けて居場所を特定し、ストーカー行為をしていた疑いで、逮捕されたのは、なんと58歳の男性でした。

神奈川県川崎市の会社員の容疑者(58)は、女性の居場所を探るためにGPSを利用していました。
近年、このGPSで居場所を確認する人が増えています。
この容疑者は、元交際相手の女性と仕事を通じて知り合いました。
2013年から交際していた40代の女性と2014年7月に別れたそうです。
しかしその後、容疑者は相手の女性に電話やメールで復縁を求めていました。
今年の9月には、女性の勤務先近くで、待ち伏せをしていたといいます。10月には、女性の車にGPS発信機を取り付け、女性の居場所を確認するなど、ストーカー行為をした疑いが持たれているのです。

先月10月18日には、女性の自宅にまで押しかけ、女性の家族に取り押さえられました。その時にGPSによる女性の位置情報を、プリントアウトしたとみられる紙を複数枚所持していたので、容疑者がパソコンなどで女性の行動を監視していたとみています。

警視庁は、2014年7月以降、女性からの相談を受けて、この容疑者に2度口頭で警告していました。
しかし、一向にストーカー行為は止まらず、GPS発信機を使った行動監視が、見張り行為にあたると判断し、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕したということです。

 

 

ストーカー問題は、殺人事件にもつながる!早期解決はアイ総合コンサルタント

後を絶たないストーカー被害は、警察が把握しているだけでも、2013年は全国で、2万件を超えています。
アイ総合コンサルタントに寄せられるストーカー問題でも、同じような男女の別れ話がきっかけで始まったと思われるケースもありますが、ヒアリングを行って分かることはケースバイケースであること。よく聞いてみないと問題を取り違えてしまいます。

ストーカー被害でお困りの方は、アイ総合コンサルタントにヒアリングの依頼をしてください。
トラブル解決のプロフェッショにご依頼ください。

 

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市