企業盗聴調査・解決

企業情報は売れる! 企業の情報漏洩調査

会社の盗聴器発見調査 情報漏洩対策

会社の盗聴器発見調査 情報漏洩対策

 

企業の明暗を大きく分ける情報管理  完璧ですか? 情報漏洩は会社の義務です。

企業にとって大きな問題とは何でしょう?内部情報の漏洩ではないでしょうか。
「入札で、いつも僅差で負ける。」「競合店に直近で先に出店されてしまう。」など会社の経営者にとって腑に落ちない、内部情報が漏れているのではないかというご相談が多く寄せられます。不自然さを隠しきれない経営者の方からのご相談が後を絶たないのです。また、個人のプライベートな情報までもが外部に流れ恐喝されていたケースもあります。企業にとって、情報は命です。内部情報を守ることは、経営者の義務なのです。

企業情報漏洩対策

企業情報漏洩対策 企業の情報売買

盗聴の背景にはトラブル有り!盗聴器のあるなしで人生が変わる

盗聴の背景にはトラブル有り!盗聴器のあるなしで人生が変わる

 

他人事ではない企業の情報漏洩 内部告発につながることも 危機管理対策は、アイ総合コンサルタント

貴方の会社も、他人事ではありません。企業の規模やジャンルに係らす情報漏洩の危険性はあります。

情報漏洩調査 内部情報管理

情報漏洩調査 内部情報管理のご相談

 

情報漏洩調査 )秘密厳守を徹底

情報漏洩調査 )秘密厳守を徹底

企業の情報漏洩の原因は、大きく分けて2つに分かれます。
内部的な犯行と、外部的な犯行です。
内部的な犯行は、社員や従業員だけではなく会社への出入りが可能な人物による犯行です。
外部の人間が人を雇って仕掛けられることもあります。
こういった犯行を未然に防ぐために防犯カメラを設置している会社もありますが、それについては賛否両論あり社員からの批判も少なからず起きています。

防犯と言う名目で盗聴や盗撮が行われることもあります。もちろん、カメラは誰の目にも触れるものである為その場で重要な社内機密について話すことは無いと思いますが、うっかり話してしまうことが無いとは言い切れないのが現状でしょう。

 

企業 社内の盗聴器発見調査

経営者のトラブル解決 企業 社内の盗聴器発見調査

企業情報 内部機密 今までの投資と努力が水の泡に・・・

会社の情報の漏洩は、ニュースを騒がせる程大きな社会問題になることがあります。個人情報を扱う会社は特に従業員からの情報漏洩対策を行うべきです。会社で働く社員がトラブルに巻き込まれていないか定期的にチェックを行うことも必要です。もし、社員が脅迫されていたり多額の借金を背負っているなど問題を抱えていたら、貴方の会社の顧客情報を売っているなどしていないとも限りません。大げさだと思うかもしれませんが、実際には起こっています。ライバル会社からヘッドハンティングをそそのかされて、自社の情報をもって移籍する者もいます。日本企業の情報を外国の会社に自らと共に持ち出すことも行われているのです。

 

盗聴器発見調査の料金 安心価格

盗聴器発見調査の料金 安心価格

盗聴器発見調査 盗聴のトラブルを解決したい

盗聴器発見調査 盗聴のトラブルを解決する方法

 

情報は売れる時代です。個人情報保護法が制定されてから長くなりますが、欲しい情報を何とか入手したい側と、情報を売って金銭を得たい需要と供給がある時代になったとも言えます。もちろん、個人情報だけではなく会社には、ライバル会社が喉から手が出るほど欲しい企画案や、今後の展開案、商品の開発における情報などあらゆる価値のあるものが溢れています。それらは大きな資本や人材をを投資してやっと得られたものでしょう。外部に流出させてはいけません。情報管理が行き届かない会社のレッテルを貼られてはいけません。企業の情報漏洩、盗聴、盗撮問題は、盗聴トラブル解決110番にご相談ください。

 

盗聴トラブル解決110番お問い合わせは0120-007-808 全国対応可能 明朗会計 無料相談はしていません

盗聴トラブルの解決は、盗聴トラブル解決110番にお任せください。安心調査料金で依頼多数。

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市