講演料問題 医療トラブル

講演会 金銭問題

医師の副収入としての講演会の謝礼が問題になっています。
これは、以前からも問われている製薬会社との癒着がうたがれています。
製薬会社がらみの接待には限度額を設けている会社もあり、
講演会の場合は、影響力のある医師とのコミュニケーションも取りやすい事から
1回の講演につき教授であると何十万などという金額を謝礼として渡すと言います。

 

製薬会社 講演依頼 多額の謝金

病気ごとの推奨薬が示された「診療指針」の作成医が、多額の「講師謝金」などを製薬会社から受けていることがわかりました。

医師向けに専門医が話す講演会は「専門的情報を提供する学術的なものだ」とされていますが、製薬会社にとっては営業の手段になっている場合が多いのだと言います。指針の公正さが保たれているのか疑問を感じる問題です。

製薬会社が医師向けの講演会開催する目的は、直接医師に薬を売り込むより影響力のある先生に講演会を通じて紹介してもらった方が営業効果があるというのです。
また、講演会後の情報交換会は接待にあたらないので、医師と接触できる機会でもあります。

製薬業界は2012年から医師への接待に上限金額を設けるなどの自主的なルールを強化してきた結果、講演会が営業の場になってきている可能性もあります。

 

競合会社とのトラブル

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定調査のご依頼はアイ総合コンサルタントへ。
土日祝日の調査もご相談ください。
トラブルの解決もご依頼ください。
※無料相談はしていません。

 


 

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市