監禁部屋!倉敷 女児監禁男の実態は・・・

監禁部屋!倉敷 女児監禁事件の犯人は!

岡山県倉敷市の小学5年の女児(11)を監禁した疑いで逮捕されたのは、岡山市の自称イラストレーター49才の男でした。
計画的な犯行を思わせる“監禁部屋”を用意していたことも分かっています。
2階建ての一軒家に1人で住むこの容疑者の男は、昨年暮れにリフォームを行い、防音措置の施された小部屋を増築しています。
女児は、発見された時にこの部屋でいました。この部屋に女児と男は2人でいて、女児は白いパジャマ姿で寝転んでテレビを見ていたといいます。この部屋が、防音リフォームされた監禁部屋だったのです。監禁部屋は家の裏側で、外から見ると、その部分だけが出っ張っている。防音だからなのか、窓がないので不自然な様子がうかがえます。

 

ナンバープレートを工作!目撃されていることを認識か!

事件前には、男が所有する車のナンバープレートの偽装が目撃されていたといいます。

今年4月に路上で、ナンバープレートの上に重ねた別のプレートを取り外していた男を、女児宅近くに住む女性が自宅前で見ていた。不審に思い、女児の不明後、覚えていた「岡山」や数字4桁のナンバー情報を県警に伝えたというのです。

また、行方不明になっていた女児の母親(39)も5月と6月に2回、自宅周辺で不審なシルバーのの車両を目撃し、記憶したナンバーを県警に伝えています。そして、この2人の女性が目撃した数字4桁と容疑者の車のナンバーが一致したというのです。

以上のことから防音設備の整った監禁部屋を用意し、車両のナンバーを偽装し、監禁する対象者を物色していたことが分かります。

 

女児だけではない!連れ去り、監禁事件の実態!トラブルに巻き込まれたら即相談!

今回岡山県で起こった事件は、小学5年生の女児でしたが、
被害に遭うのは必ずしも子供であるとは限りません。
大人が被害に遭う可能性の方が高いとも言えます。
近所付き合いも希薄になった時代です。一人暮らしの女性がいなくなってもすぐに事件だと判断が出来ないこともあります。
また、男女トラブルや、別れ話のもつれ、金銭トラブル、ストーカー被害などの末に監禁されることもあります。
盗聴や付きまといから、対象者の行動を確認したうえで犯行を企てることもあります。
トラブルに巻き込まれたら、必ず相談してください。

盗撮トラブルは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。バレないようにするのが盗撮ですので非常に厄介です。盗撮でお困りの際は、一度盗撮を依頼してください。その決断が早期解決へと繋がります。現状を把握することで対応することが出来るのです。


関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市