辞めさせたいモンスター社員

ブラック企業とモンスター社員

働かない正社員の雇用を打ち切れるようにすべきだという、オリックス元会長の宮内義彦氏の発言が、いまになってネット上で話題になっています。

この発言は、ビジネス誌「プレジデント」(2015年1月12日号)が企画したジャーナリスト田原総一朗氏との対談で発せられたもののようです。

 

首にできないから正規で雇えない

宮内氏は「正規雇用は一度採用されたらクビにならない。たとえ生産性が下がっても企業は解雇できない」と経営者側の苦悩を指摘しています。
「だから非正規で雇用調整せざるをえなくなり、非正規はいつ契約が終わるかとびくびくしながら働かざるをえない。これは不公平だ」と話しています。
この意見に同意の経営者の方も多いでしょう。
現実問題として、生産性のない社員を雇えるほどの体力がない企業が多い事があるのです。

「働かない人の雇用を打ち切れるように、解雇条件をはっきりさせることが必要」と述べていますが、賛否両論あるようです。

 

電磁波 盗聴 盗撮 集団ストーカー対策 思考盗聴

経営者の困りごとはアイ総合コンサルタントでもご相談が多い内容です。

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定調査のご依頼は盗聴トラブル解決110番へ。
土日祝日の調査もご相談ください。
トラブルの解決もご依頼ください。
※無料相談はしていません。

 


 

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市