ねつ造 改ざん

ねつ造 改ざん事件

科学の進歩に胸をわくわくさせることはありませんか?
未来のエネルギーを使った映画のような日常生活、若返り、永遠の命・・
まだまだ夢の話ですが、期待に胸を弾ませる人も多いことでしょう。
小保方晴子さんのネイチャー「STAP細胞」の論文事件に終止符が打たれました。

 

科学の進歩と現実

理化学研究所は、小保方晴子研究員と論文共著者の丹羽仁史氏らが別々にSTAP細胞の検証実験を行っていました。
結果として「STAP現象を再現できなかった」ことを発表しました。
小保方氏の実験は11月末で終わり21日付で退職するとのことです。
丹羽氏らの実験は来年3月末が期限でしたが、続ける意義がないとして打ち切ることになりました。
検証実験チームリーダーの丹羽氏らが東京都内で記者会見しましたが、小保方氏は会見に出席しませんでした。
理研を通じて「結果に大変困惑している。私の未熟さゆえに多くの皆さまにご迷惑を掛け、おわびの言葉もありません」とコメントを発表しています。そして退職願を提出したことが明らかになりました。

小保方氏らが英科学誌ネイチャーに発表したSTAP細胞の論文は、
マウスのリンパ球を弱酸性液に浸すだけで、さまざまな細胞に変化する能力を持つSTAP細胞になることを発表していました。
理研の調査委員会は、論文の画像データを小保方氏が捏造(ねつぞう)、改ざんしたと認定し、この論文は7月に撤回されました。
実験費用は約1500万円という調査委が設けられており追加調査を行っていますが、理研は結果を受けて懲戒処分を検討するが、小保方氏の退職によって実質的な処分はできなくなるようです。

 

真実の追及には費用がかかる

大きな費用をかけても真相を探る必要があるのは当然のことです。疑問を放置することは、妄想を語るだけで何の意味も持たないのです。むしろ、グレーにすることでのデメリットは計り知れません。
詐欺や嫌がらせなどの二次被害が拡散する可能性があるからです。
同じように、盗聴されているかもしれない、
盗撮されているかもしれない、そう疑問をお持ちの方は調査を依頼してい下さい。
電磁波測定調査もご依頼いただけます。
今すぐ、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 


 

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市