社内トラブル 電磁波被害 横領背任

社内トラブル 電磁波被害 横領背任

職場トラブルがきっかけで盗聴器や盗撮カメラが仕掛けられることがあります。社内の不正を暴き内部告発に持ち込む動きには敏感になりましょう。また、会社の不正に気付いたことから嫌がらせが始まることもあります。それだけではなく、社内不倫などを目撃したことから集団での嫌がらせの対象になることも。盗聴トラブル解決110番へご相談ください。

 

小保方氏の博士号取り消し 不正横領

早稲田大は2日、STAP細胞論文の著者だった小保方晴子・元理化学研究所研究員が、2011年に早大で取得した博士号の取り消しが確定したと発表しました。
小保方氏は学位論文を改訂したが、科学的根拠や論理について不十分な点があると判断したようです。
早大によると、教員が小保方氏を訪問し、メールや電話でも論文内容の確認や訂正指示を行い、倫理教育もしたようです。
小保方氏は論文を4回改訂し、不適切な引用は訂正されたが、科学的根拠などの点で完成に至っておらず、早大は審査できないとして博士号取り消しを決めたということです。

早大は昨年10月、小保方氏が「不正の方法により学位の授与を受けた」と判断しており、博士号を取り消す方針を発表していました。
早大の指導にも不備があったとして、1年をめどに論文を訂正したり、指導を受けたりする機会を与えた上で、適切な論文になれば取り消さないと説明していたようです。
小保方氏は論文を訂正する期間の延長を求めたようですが、早大は応じることは無かったようです。

小保方氏は弁護士を通じコメントしており
「入院・加療中の修正作業で、診断書を提出したのに配慮などは一切なかった。不合格を前提とした手続きで、とても不公正なものだった」などと反論しています。

 

電磁波 盗聴 盗撮 ストーカー対策 思考盗聴

そもそも、自分の行為でどれだけの人に迷惑をかけ巨額の資金を使い、名誉を気付付けられた人がいるのか分かったうえで反論しているのでしょうか。疑問を感じます。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査のご依頼は、盗聴トラブル解決110番へ。
土日祝日の調査もご相談ください。

トラブルの解決もご依頼ください。
※無料相談はしていません。

ストーカー、職場トラブルや宗教トラブルのご相談も増えています。

 


 

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市