レーシック

レーシック 盗聴 盗撮 電磁波測定

百聞は一見に如かずと言う言葉があるほど、見ることは重要でかつ分かりやすい判断基準となっています。
見ることの不便を解消するために眼鏡やコンタクトレンズが普及しましたが、それを超える治療としてレーシックが行われています。
しかし、以前からトラブルの報告が多いことは問題になっています。

 

レーシック手術の後遺症 患者12人が提訴

レーザーで角膜を削り視力を矯正するレーシック手術ですが、レーシック手術を受けた患者12人が、
「十分なリスクの説明がないまま手術が行われ、後遺症が生じた」などとして、2つのクリニックを運営する医療法人社団に計約8000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしました。

訴えにでたのは、首都から九州に住む30~60歳代の男女です。
2006から2013年に、品川近視クリニックで手術を受けた10人と、錦糸眼科で手術を受けた2人です。

原告側は品川近視クリニックについて、過剰な矯正によって目の疲労や痛みなどが生じる可能性があることを十分説明せずに手術を行ったと主張しています。
錦糸眼科については、日本眼科学会の指針が示す角膜切除の限度基準を逸脱したとしているようです。

 

盗撮器発見 盗聴器発見 電磁波測定調査のご依頼はアイ総合コンサルタント

見ることの重要さは、普段あまり気にしないことかもしれません。しかし、いざ何かの証拠収集を行うとすれば見えない状況に不安を覚え、見えるように盗撮器、小型のカメラなどを使用し電波を使って離れたところから監視行為を行うこともあるでしょう。
見た映像からは様々な情報を収集することが可能です。
聞くことも情報です。
個人情報の流出やプライベート画像の流出は出してはいけません。
盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定は必要な調査と言えるでしょう。

 


 

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市