トラブル社員 セクハラ 監視

トラブル社員 セクハラ 監視

会社でトラブルが起こると、めんどくさいですね。
通常業務どころではなくなってしまいます。

社長に「セクハラ対策」進言したら「解雇」されたとして撤回もとめて不動産会社を提訴した30代の女性がいるそうです。

社長から不当な理由で解雇を言い渡されたうえ、暴力行為によって全治1カ月のケガを負ったとして、不動産仲介会社で働いていた女性が、解雇の撤回と損害賠償金など約395万円を求めて、東京地裁に提訴しました。

 

自分は何も悪いことをしていない 解雇は不当だ!

この問題の訴状などによると、原告の女性は2013年10月、この会社に正社員として入社し、事務全般を担当していたそうです。翌年の12月、後輩の女性社員から「部長が、『一緒にマッサージに行こう』というメールを送ってくる。セクハラではないか?」という相談を受けました。この後輩を案じて、社長に「部長と後輩が2人きりにならないようにしてほしい」と言ったそうです。

その約10日後、社長から「価値観が合わない」という理由で、翌1月末をもっての解雇を命じられました。

今年1月中旬、解雇通告に納得がいかない女性に対し、社長が仕事の引き継ぎを要求したため、「異議を留保して従います」と告げたといいます。すると社長は「ふざけんなよ、おい!」と怒鳴りながら女性の胸ぐらを掴み、左右に大きく揺さぶったというのです。

柔道有段者の社長に強くゆさぶられた女性は、胸部打撲により全治1ヵ月と診断され、暴行を受けた精神的ショックで、翌日から出社できないまま、会社が通告した退職日を迎えました。

女性は解雇通告を不服として、「首都圏なかまユニオン」に加入しながら、解雇を撤回させるための団体交渉を続けていたといいます。2月に入り、会社は一度、解雇を撤回したものの、復職した3月1日に再び解雇を言い渡したといいます。

女性は「やっとの思いで復帰したのに、その場で解雇なんて許せない。会社に戻って、『自分は何も悪いことをしていない、解雇は不当だ』ということを証明したいと話しており、

社長は、『俺の言うことを聞くのが当たり前』という独善的な態度なのだそうです。

 

 

社員を解雇したい 雇いたくない!

自分が出資して始めた事業、雇いたくない社員がいたら退職して欲しいと思うこともあると思います。
訴訟をしてまでその社長の下で働きたいのでしょうか?疑問を感じます。
オーナーと社員の関係は、対等ではありません。
第三者として直訴する前に、もっと方法があったかもしれません。
また、同じことを言うにしても言い方もあると思います。
意義を留保して従いますなど、普通は社長に向かって言わないでしょう。

 

電磁波 盗聴 盗撮 集団ストーカー対策 思考盗聴

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定調査のご依頼は盗聴トラブル解決110番へ。
土日祝日の調査もご相談ください。
トラブルの解決もご依頼ください。
※無料相談はしていません。

 


 

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市