社内横領3回目

社内横領調査はアイ総合コンサルタントへご依頼ください

会社内で起こる横領は、大きな金額に発展するまで気付きにくいという現状があります。
大きな金額になるまで発覚しないなら、どれだけ少額で抜かれているのか分からないでしょう。
管理自体に大きな穴があると考えられます。
あなたの会社は本当に赤字ですか?
従業員の管理に問題はないのでしょうか。

 

元奈良観光バス社員横領容疑で3回目の逮捕

勤務先の売上金を横領したなどとして再逮捕されたのは47歳の寺田〇子被告でした。
奈良署は12日、業務上横領と有印私文書偽造・同行使容疑で、大阪府岸和田市港緑町、元「奈良観光バス」(奈良市)社員で無職の被告を有印私文書偽造・同行使罪で起訴を再逮捕しました。
容疑を否認している。

逮捕容疑としては、奈良観光バスの経理担当者だった平成23年1月2日~12月28日ごろ、売上金701万9882円を着服し24年2月8日~2月26日ごろ、書類を改竄して同社に提出したとしています。

これは会社の内部調査で発覚したものです。
5年以降、実際の売上金と会社の口座残高には計約1億円の差額があるそうで余罪についても調べています。
容疑者は9月30日と10月21日にも同容疑などで逮捕されており、逮捕は3回目と言うことです。

 

ずさんな管理が犯行を行わせる要因に!

会社の経理に対して干渉してください。会社の財布を自分の財布のように自由にされている経営者の方からのご相談は多く、人間関係のしがらみが関係していることもあります。

第三者が間に入らないと問題すら隠されてしまう会社もあります。「おかしい」と思った時には不明金の額が高額に上っているのです。そういった経営では赤字なのか黒字なのかも偽装されている可能性があります。

会社の内部調査については、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市