見られたくない写真を暴露

見られたくない写真を暴露される!

人に見られたくない写真はありますか?

リベンジポルノの問題は日本でも広まってます。リベンジポルノ防止法も作られましたが、内容は予防する法律とは言えないものです。

見られてはいけない写真をネットに暴露されたり、
メールを盗み見されるなど、交際相手や元パートナーによる被害の実態調査がアメリカで出ていました。

 

復讐に使われる写真の実態

調査はアメリカでインターネットを利用している1182人を対象に実施したものです。
それによると、約90%は個人情報やプライベートな写真がパートナーの手に渡っても安心と考えていることが明らかになりました。しかし実態として、自分のプライベートなコンテンツを許可なく他人に暴露されたことがあるという回答者も13%を占めてます。
別れた相手から、人に見られたくない写真をネットに暴露すると脅された経験を持つ人が約10%。
そのうちなんと60%近くが実際に暴露されていたというのです。
男女別にみると、写真を暴露すると脅されたことのある男性は12%、女性は8%。実際に暴露された割合は、男性が663%、女性は50%だったそうです。

これらが暴露される原因になったのは、パートナーのウソや浮気が発覚した時や振られたことなどが多かった理由です。

 

別れた相手による復讐

情報を共有することは、良いことばかりではありませんね。人の気持ちは変わります。人間関係も常に同じ状況を保てるとは限りません。特に交際している男女が別れる際にトラブルはつきものと言えるでしょう。

アイ総合コンサルタントにもリベンジポルノの解決依頼は年々増えている状態です。男性からのご相談もあります。盗撮の被害、ベッド写真などのトラブル解決はアイ総合コンサルタントへご依頼下さい。

※無料相談はしていません。

 


 

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市