集団訴訟 個人情報漏洩

集団訴訟 個人情報漏洩 対策

個人情報の漏洩は、企業にとって絶対にあってはならない問題です。
お客様情報を管理することは会社の義務です。
しかし、それを売りとばす社員がいることも考えておく必要があるでしょう。
個人情報の漏洩対策はアイ総合コンサルタントへご依頼ください。
社内にカメラを仕掛ける経営者もおり、
それが二次的な問題になっているケースもあります。

 

集団訴訟 ベネッセ情報流出 情報管理

昨年起こったベネッセの個人情報漏洩事件では、約3504万件の個人情報が名簿屋に売却されています。
ベネッセコーポレーションの事件では、損害賠償を求めて提訴する動きが本格化しているようです。
「おわびの品」として1件当たり500円分の金券を提供していましたが、
「誠意が感じられない!」
「子どもの情報が漏れたのに金額が安すぎる!」
などと納得していない被害者が多いようです。

これまで個人情報流出で訴訟に発展したケースは原告数は多くて十数人だったのですが、
東京弁護士会に所属する弁護士が中心となって先月3日から呼び掛けていたためか、
ベネッセへの集団訴訟には、約2週間で日本全国から500件超の依頼が殺到したといいます。
問い合わせの電話が連日鳴りやまなかったのだとか。
弁護団は近く東京地裁に提訴した上で、追加提訴も視野に入れているそうです。

これらの動きについて、親会社のベネッセホールディングスは
「個別の案件については、コメントは差し控えさせていただく」などと話しているようです。

 

個人情報を漏洩させない 情報漏洩トラブル

個人の情報漏洩は、企業によるものだけではありません。
良く起こっているのは、やはり盗聴器や盗撮器を使ったものでしょう。
手軽に買える盗聴器や盗撮カメラは年々性能が良くなっています。
価格も安価なものから高価なものまであり、誰でもが手にすることが可能なのです。
盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定調査はプライバシーを守るとともに、
個人情報を流出させないためにも必要なことです。
とくに、一人暮らしの女性やトラブルを抱えている場合はこれらの調査は行っておく必要があります。
アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 


 

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市