無人 探査機

無人探査機

日本でも、無人探査機が活躍する時代が始まろうとしています。
現在、ドローンに規制する法律は無いのが現状です。
ドローンは、数万円から購入が可能で誰でも手にすることが可能です。
カメラを付けて大きな橋を下から見て現状を知るなどの職場にも使われていますが、
個人を監視する行為に使われている可能性も疑われます。
集団ストーカーなどの被害のに遭われている方は、
心配の要因が増えてしまったのではないでしょうか。

 

探査機 ドーン

NASAは6日、探査機ドーンが準惑星ケレス(セレス)を周回する軌道に入ったこと発表しました。
ケレスは火星と木星の間にある小惑星帯で最も大きな天体です。
2006年の国際天文学連合(IAU)総会で冥王星が惑星から除外された際、一緒に新たな分類の準惑星に位置付けられました。探査機が準惑星の周回軌道に入って観測するのは初めてだと言うことです。

今回のドーンは2007年に打ち上げられたものです。ケレスは直径平均950キロで、自転周期は約9時間であるといます。地下には氷が多いと考えられています。
ドーンは今後、1年4カ月にわたりケレスを詳細に観測する予定です。
観測成果は約45億年前に太陽系が形成された過程の解明に役立つと考えられています。

 

科学の進歩 不安

目まぐるしい科学の進歩に心が弾む一方で、不安を感じる方の存在も否定できません。
盗聴や盗撮の心配もある無人探査機の存在は、不安な要素も多いのです。

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定調査のご依頼はアイ総合コンサルタントへ。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。

 


 

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市