トイレにペン!盗撮被害に要注意!

トイレにペン!盗撮被害に要注意!

JA丹波ささやま(兵庫県篠山市)の職員用トイレの個室内にペン型カメラが置かれているのが見付かった事件がありました。
男性管理職が「自分が設置した」と名乗り出ており、「職員の労務管理目的でだった。」と説明したといいます。
苦しい言い訳のように聞こえますが・・・

同JAによると、市内にある施設の男女兼用トイレの中で、女性職員がペンのような不審物を見付けました。
ペンの持ち主であると名乗り出た男性管理職は「トイレに入った際、ペンを忘れてもメモできるようにする目的だった」と話したという。

しかし篠山署が調べた結果、このペンにはカメラ機能が付いていることが判明したことで事件が明るみになりました。
ペンの持ち主の管理職の男は「わいせつ目的ではない。従業員がトイレでさぼっていないかチェックするためだった!」と苦しい主張したといいます。
この管理職の男は施設の管理責任者だったそうです。

 

 

トイレの盗撮は他人ごとではない!知らない間に盗撮被害者に!

トイレほど、プライベート画像で撮られて嫌なものはありません。
誰にも見られたくない行動ですし、見られているとはみじんも思わずにトイレに入る人がほとんどでしょう。
だからそ、趣味としてトイレの盗撮を行い、画像を収集して楽しんでいるのかもしれません。
そして、恐ろしいのがこの盗撮画像をネットに流出されてしまうことです。
しかも、貴方の知らぬ間に撮られた画像が、知らない間にネットに流れ
家族や知人、会社の同僚などの目にさらされる可能性があるのです。
たいへん恐ろしいことにつながってしまうのです。

 

 

恥ずかしいことを見られる!トイレ盗撮犯の実態!

盗撮犯の多くは、盗撮器を仕掛けられた施設の関係者がほとんどです。
社会内のトイレ、スーパーやコンビニのトイレに店長が仕掛けるといった被害もあります。
また、アルバイト感覚で女性を雇って仕掛けることも行われています。
ショッピングモールやホテルなども気を付けた方が良いでしょう。

こういったトラブルで困っているのは盗撮の被害者だではありません。盗撮器を設置された施設側からの依頼もあります。

盗撮、盗聴トラブルは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。バレないようにするのが盗撮ですので非常に厄介です。盗撮、盗聴でお困りの際は、一度盗撮、盗聴を依頼してください。その決断が早期解決へと繋がります。現状を把握することで対応することが出来るのです。

盗撮、盗聴のトラブルでお困りの方は、盗聴トラブル解決110番へ今すぐご相談ください。
水面下での解決に自信があります。
今すぐご依頼ください。

 

 


関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市