盗聴と社内トラブル

盗聴と社内トラブル

社内での盗聴や盗撮問題は、大きく分けて2種類考えられます。
一つは、外部に対するもの。
もう一つは内部の盗聴です。
社外に対する情報の漏洩は、企業の経営状態を大きく揺るがす大問題です。
企業が資金と時間を費やして手にした技術やノウハウは、ライバル会社にとっては喉から手が出るほど欲しい情報です。
人や金銭などを使って手に入れようと企む価値がそこにはあるのです。
また、社内に盗聴器や盗撮器が仕掛けられていることもいいものではありませんね。

会社の機密を売る社員 水面下で解決

会社の機密を売る社員 水面下で解決

会社内における盗聴盗撮被害は、アイ総合コンサルタントにお任せください。

近年、社内に防犯カメラを置く会社も多くなりましたね。
防犯は、何か事件が起こった時の犯人を逮捕するうえでも重要な役割があります。
設置されていることが安心にもつながります。

しかし、一歩視点を変えてみるとそれはプライバシーの侵害にもつながります。
重要な話をする会議室や、制服に着替える更衣室などには在ってはならないものです。
会議室では、企業の内部情報が漏れやすくなってしまいますし、女子更衣室の盗撮は趣味や売買目的で行われることもあります。
目的は違えど、盗聴や盗撮から企業や社員を守らなければならないことに違いは無いでしょう。

更衣室の盗撮問題を解決する方法

職場の更衣室の盗撮問題を解決する方法 社員の盗撮問題

※ 更衣室やトイレは盗撮被害が多い箇所です。定期的な調査を行う必要があります。

情報は金銭に変換できる!社員の副業が顧客リストの売買だった!

情報が売買される時代です。決して漏れてはいけないような機密になるほど価格は高くなり、欲する相手も限られるでしょう。
そういった情報は、会社の中にいる人物しか簡単に得られません。
もちろん、外部的な犯行が全くないわけではありませんが、特殊な技術を要するため難しいことです。

企業情報漏洩で倒産の危機!対策方法

企業情報漏洩で倒産の危機!対策方法

よく売買されている情報としては社員の「個人情報」や「顧客情報」などがあります。また、カモリストと呼ばれる情報も売買されており、詐欺被害に遭った人がまた騙されるといった社会問題になっています。

あらゆる情報は、金銭に変換できます。売買ルートをあらかじめ持っていたり、情報を手に入れたい者が社員に近づいてくることもあります。ヘッドハンティングの誘いを受ける社員もいます。

貴方の会社の情報管理は万全ですか?

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

 

盗聴器発見調査 盗聴のトラブルを解決したい

盗聴器発見調査 盗聴のトラブルを解決する方法

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市