盗聴とテロ

盗聴とテロ!

英諜報機関、政府通信本部(GCHQ)の長官は、
「フェイスブック」や「ツイッター」などのソーシャル・ネットワーキング・サービについて、
テロリストや犯罪者らの活動の温床になっていると述べました。
米IT(情報技術)企業に情報提供など協力の拡大を求めています。
電話盗聴などの大規模な情報収集で批判されてきた諜報機関が反撃したかたちのようです。

 

難しい社会情勢とテロの対策!

英紙フィナンシャル・タイムズによるとGCHQ長官に就任したばかりのハニガン氏は、
イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」などが、SNSを含めてインターネットを積極的に利用して勢力を拡大し、テロ集団にとっては「指揮統制ネットワーク」の役割を果たしていると指摘を述べています。

暗号を複雑にし解読しにくくするなど、情報漏洩防止策を強化する企業もあるけれど、
通信などを傍受してテロリストや犯罪者を追跡するGCHQなど諜報機関の活動が「ますます困難になっている」という見方もあるようです。

 

プライバシーと安全な社会!

個人情報やプライバシー保護と、社会の安全をどのように両立させることは難しいことかもしれません。
SNSをめぐる議論は欧米の関係者たちの間で今後も続くものなのでしょうが、日本ではどうなのでしょう。
私たちの生活は、テロとはあまり関係が無いようにも感じます。
しかし、その危機管理の無さの一方では盗聴器があらゆるところに仕掛けられ、
それを裁く法律も無いのが現状です。
盗聴されていない安心を得るための手段として、盗聴器発見調査や盗撮器発見調査は依頼する必要があります。
テレビで放送されているように、いきなりドアをノックして
「あなたのお宅に盗聴器が仕掛けられていますよ」などと言う業者はいません。
逆に、その様な業者が来たら不信感を抱いてください。
盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査は依頼をしてください。

 

 

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市