お客様の声 体験談

 盗聴・盗撮の体験談は、今現在悩んでいる貴方の解決に役立つことでしょう。

盗聴器を調べておくことのメリット

盗聴器を調べておくことのメリット 盗聴器発見調査 盗撮器発見調査 電磁波測定調査

盗聴 盗撮の被害から解放された今だからこそ話せる体験談

盗聴器盗撮機が仕掛けられた中での生活は、プライバシーが守られず不安なものです。

何の対策も対応も取らなければ、延々と続きます。長期に渡る情報の漏洩は、単に気持ちが悪いだけでは済まされません。

年間300件以上の相談件数をいただきますが、中には盗聴や盗撮の被害に遭っていることに気付くのが遅かった方が二次被害を受けているケースもありました。

盗聴は様々な情報の漏洩につながります。相手に行動が分かるだけではないのです。長期情報が抜けることであなた自身の行動パターンが読まれてしまうことにもつながります。交際相手や勤務先、家を出る時間まで盗聴犯に知られてしまうこともあります。盗聴や盗撮はストーカー問題ともつながっています。何度引っ越ししても、引っ越し先がばれてしまう場合、電話で家族に新住所を伝えていませんか?盗聴器が仕掛けられた場所での会話は筒抜けです。

会社の場合は、悪い噂を流されるなどして風評被害から売り上げが落ちたり、入札に毎回負けることから経営が成り立たなくなります。情報の漏洩は、倒産への近道なのです。

中には、趣味で不特定多数の人物対象に盗聴する盗聴マニアもいますが、多くは盗聴や盗撮をする相手に対し、何らかの目的を持っています。

情報というのは、一般的に言うと持っている量が多いほど、また正確な情報であるほど相手よりも優位に立てます。

離婚協議や離婚調停など争い事が起こった時に、盗聴や盗撮をされることが多いのはそのためです。浮気の証拠収集にも活用されいます。貴方は大丈夫ですか?

盗聴トラブルから解放された当社のお客様の体験談を是非お読みください。

貴方も、盗聴・盗撮の被害から解放されるヒントにしてください。

 

女性の盗聴被害 盗聴トラブル解決方法

女性の盗聴被害 盗聴トラブル解決方法 ストーカー 恋愛トラブル 性被害 金銭トラブル

盗聴被害体験

私は、普通の会社員です。特に目立つタイプでもなく、どこにでもいるような女性だと思います。会社でも、プライベートでもこれまで大きな問題を起こしたことはありません。そんな私の人生を脅かしたのが一人の男性でした。

初めは、自分が盗聴をされているだなんで思ってもいなかったので

「不思議なことが続くな・・・」「気のせいなのかな・・・」ぐらいで、特に気にも留めていなかったんです。だから、私が盗聴されていると気が付いた時には、もう私の情報がだいぶ相手に抜けてしまった後でした。

今思えば、もっと早くに調査を依頼しておけば、こんなに辛い時間を経験しなくて済んだと思います。

私を盗聴していたのは、以前交際していた男性でした。彼は、私が一人で生活するマンションへの出入りもしていたので、その時に盗聴器を仕掛けたのだということでした。

別れた後も、偶然 彼に会うことが度重なったんです。初めのうちは、近くのコンビニや書店だったので、おかしいとは気が付きませんでした。メールや電話もよく来ていましたが、ずっと無視をしていたんです。

それが、私に新しい彼氏ができた頃から、おかしいと感じるようになってきました。それは、私に彼氏ができたことを知っているという内容のメールが送られてきたり、彼氏とのデート先で偶然会ったようなそぶりを見せたり・・・ 私の行動が筒抜けになっているとしか思えないようなことが続きました。警察にも相談に行きましたが、明らかな証拠が何もなかったので相手にしてもらえませんでした。

 

盗聴されている証拠が欲しい

まず、私の情報をどうして元彼が知っているのか突き止めたいと思い、盗聴の調査を依頼することにしました。実際に盗聴器を目にしたのは初めてで、驚きと怒りでいっぱいでした。私の部屋に仕掛けられていたのは、どこの家にでもあるようなコンセントに付けるものでした。

盗聴していた期間が数か月続いていたこともあり、いきなり外して相手を逆切れさせてはいけないとの判断で、しばらくの間はテレビを付けたり、音楽をかけるようにして過ごしました。

今では、元彼の盗聴をはじめとする嫌がらせはすっかりなくなり、新しい彼との結婚の話が進んでいます。元彼のストーカー行為が続いていたら、結婚どころか大好きな彼と別れることになってしまっていたかもしれません。あんなヤツに私の人生を壊されてたまるかという強い気持ちで依頼して良かったです。家族や親しい人に危害があるかもしれない不安もありましたが、今は毎日が幸せで、早く家族が欲しいと思っています。

 

 

男女トラブルと盗聴の問題解決方法

男女トラブルと盗聴の問題解決方法

盗聴トラブルの解決方法

会社の盗聴トラブルの解決方法

会社の盗聴トラブルの解決方法 内部情報流出 内部告発 ヘッドハンティング 情報売買

企業の盗聴被害 情報トラブル解決方法

私は、47歳の建設会社を経営しています。

長年に渡り会社を経営しておりますが、自分の会社がまさか盗聴の被害に遭うとは思ってもいませんでした。先代から受け継いだ会社ですが今までトラブルが起こっても会社の経営を脅かすような大きなものではなかったのです。

私の会社の経営が傾きかけたのは、数年前。当時は、入札で負けることが多いぐらいにしか思っていませんでした。運が悪かったぐらいにしか考えていなかったので、まさか社内の情報が外部に漏れていたなどとは想像もしていなかったのです。

「おかしい・・・」と思い始めたのは、妻の一言がきっかけでした。

「こんなに何度も、しかも僅差で入札できないなんておかしくない?」

その言葉を聞いて以降の私は、今まで信頼していた従業員を疑うようになってしまいました。

今思えば、情報が漏れていると気が付いた時に盗聴の調査依頼をしておけばよかったと後悔しています。

従業員を疑いだした私は、なんの罪もない従業員に対して疑いの気持ちで接してしまうようになり、社内の雰囲気は外部の人から噂になるぐらい悪化していました。もちろん会社から離れる授業員もおり、仕事に影響も出ました。どんどん経営状態が悪くなり、会社だけではなく自分自身もどんどん追い詰められていったんです。

 

知らないなら知って解決しよう 盗聴被害

知らないなら知って解決しよう 盗聴被害

会社の倒産や自殺も考えていた時でした。時々会社を手伝ってくれていた、娘が「盗聴トラブル解決110番」をインターメットで見つけたんです。

諦めていた私ですが、娘があまりに強く勧めるので電話をしてみることになりました。

盗聴器や盗撮機の発見調査を行いました。なんと、盗聴器が仕掛けられていたのは1か所だけではなかったのです。従業員なら誰でも出入りが可能な事務所だけではなく、応接室や、私の社長室にまで仕掛けられていたんです。「そこまでして、私の会社をつぶしたい人物がいるのか・・・」と思うと、ショックもありましたが、怒りがどんどんこみ上げてきました。

情報の漏洩だけでなく、トラブルの本質を解決できたことで、私は今まで疑って冷たく当たってしまっていた従業員に謝罪をし、今では経営も順調です。

金銭的にも精神的にもどん底まで追い詰められた経験は、決して良いものではありませんが、同じような苦しみを今している人がいるならば、何もしないままでは解決しないこと、放っておいてはどんどん悪い方向にしか進まないことを知ってほしいと思います。

私は、自殺まで考えていたので、思うと依頼して良かったと思います。調査などに費用は掛かりますが、生きれいればお金は何とかなるものです。

【盗聴マニアに狙われた京都府在住の大学生】
進学で一人暮らしを始めました。初めての一人暮らしでうかれていたからか、初めのうちは気づきませんでした。まったく・・・しかし、友人がよく泊まりにきていて「このあたり、変だよ」「男が近所の公園によくいる」「アパートの人の出入りを見ている」など何度か言われました。このアパートは基本的には女性が住んでいて、住人の家族や彼氏であれば出入りが可能です。テレビで盗聴器の事を知った友人に調査を勧められ、親にも相談して依頼しました。まさか、うちにはないだろうと思っていたら、古いものが壁に仕掛けられていました。古くても電波は飛んでいるようです。だから、怪しい男が近所の公園にいたんだなと、私も友人も納得しました。

【マンショントラブルで盗聴されていた大阪府の男性】
住んでいたマンションの隣の部屋の男性の騒音にイラついていました。カチカチを夜中に壁を叩いたり、蹴るようなドンという音がしたこともあります。こちらも腹が立ってやり返してしまうこともあり、顔を合わせる機会はないものの、張り合っているような感じでした。
僕が部屋に帰るのが分かると、「帰ってきたのが分かったぞ」どばかり嫌がらせが始まるようになりました。顔の見えない相手からの嫌がらせは気持ち悪く、相談することにしました。眠れない日が続いていたので終わってよかったです。

盗聴被害 盗撮被害を解決する方法

盗聴被害 盗撮被害を解決する方法

盗聴と同業者トラブルの解決方法

盗聴と同業者トラブルの解決方法

 

盗聴や盗撮の被害者の体験談は、まだまだたくさんあります!

盗聴被害、盗撮被害の裏には、さまざまなトラブルが隠れていることがあります。
浮気不倫ストーカーDVなどの男女トラブル家族トラブル宗教トラブル近隣トラブルビジネスのトラブルなど、様々な場面で行われています。どのトラブルも盗聴や盗撮の理由は情報収集です。持っている情報が多いほど戦略や得策に自らを導く要素になるのです。
情報漏洩は、会社の問題だけではありません。個人間での情報漏洩こそが最も多く行われているのです。盗聴器発見調査、盗撮器発見調査は自分を守る最低限必要なものであると考えられるのです。

社宅で盗聴されていた愛知県の主婦の例・・・結婚して主人の会社の社宅で新婚生活を送ることになりました。子供が生まれた頃から仲良くしていたママ友とトラブルが始まりました。噂話をされていたようですが、その内容が家庭内での会話だったので怪しいと思い盗聴器の存在を疑っていました。主人は否定していましたが、不安があって調査を依頼しました。リビングから出てきた盗聴器を見て、夫とも納得してくれました。

妻の不倫相手に盗聴されていた兵庫県の男性・・・自宅に不審物が届きました。僕あてのもので、妻には秘密にしていますが妻の浮気相手からのものでした。これがきっかけで、妻が浮気をしていることを疑うようになりました。浮気相手が自宅に出入りしている可能性があり、盗聴器が仕掛けられていることを疑い調査を依頼しました。盗聴器が出てきたときは、冷や汗が出ましたが、その後の対応も相談出来て本当によかったです。

宗教からの脱会で盗聴被害にあった家族・・・親の代から関係していた宗教ですが、結婚をきっかけに脱会しようとしていました。親には反対されましたが自分の生き方を貫きたいと考えていました。すると、親だけではなく宗教関係の人がつき、危険を感じて調査を依頼しました。

 

盗聴器発見調査の依頼 情報漏洩を防ぐ

盗聴器発見調査の依頼 情報漏洩を防ぐ方法

tel:0120007808

【北海道・東北】北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
【関東】茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
【甲信越・北陸】山梨県 長野県 新潟県 富山県 石川県 福井県
【東海】静岡県 愛知県 岐阜県 三重県
【関西・近畿】滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
【中国】岡山県 広島県 鳥取県 島根県 山口県
【四国】徳島県 愛媛県 香川県 高知県
【九州・沖縄】福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市