八百長事件

八百長事件 発覚

サッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督が八百長疑惑の目にさらされています。
なんとスペインの検察当局に告発されたと言うのです。
この事件にショックを受けた日本サッカーファンも多いのではないでしょうか。
日本協会の緊急会見にはたくさんの報道陣が集まりましたが、対応したのは広報部長でした。
幹部は姿を見せなかったようです。

 

アギーレ監督 八百長疑惑

スペインのの有力紙が、アギーレ監督は八百長に同意していたと報じたニュースが日本でも騒がれています。
疑惑のアギーレ監督をさらに追いつめる続報が、スペインから入ってきました。
最大手の一般紙は、サラゴサの当時の会長が、アギーレ監督や選手に試合が八百長であることを伝えて、それに同意を得ていたことを示す書類があると報道がされたのです。また、サンケイスポーツが入手した検察当局の告発状には、アギーレ監督に流れた疑いのある金額などが書かれていたそうです。

今後はスペイン在住の弁護士やアギーレ監督の顧問弁護士と、裁判所からの出頭要請など監督業務への影響を調査し、アギーレ監督への追加聴取やアジア杯に臨む選手への状況説明、スペインへのスタッフ派遣も検討するといいます。

「身体検査」が甘かったとの批判の声もあります。
交渉役となった原専務理事、霜田正浩技術委員長への責任や、スポンサーに近い関係者は「疑惑をかけられている時点で手を打たないといけなかった」と協会の対応の遅さを指摘しています。この状況が続けば日本サッカー全体のイメージ低下はいたしかたないことになってしまうかもしれません。

 

八百長が公になる理由

八百長が公になるのは、企業の内部機密が漏れるのとよく似ていることかもしれません。
敵対勢力や競争の中で動くマネーの問題、恨みなどの復讐心も情報漏洩の引き金になります。
情報漏洩対策は、あらゆる角度から視点を変えて行う必要があります。

情報漏洩の対策は、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 


 

 

関西地方 中国・四国地方
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 和歌山県
  • 大阪市
  • 堺市
  • 京都市
  • 神戸市
  • 広島県 岡山県 山口県 鳥取県 島根県 徳島県 高知県 愛媛県 香川県 広島市 岡山市